Android スマホ備忘録

今更聞けない!「そんな事もできるんだ」の備忘録です

スマホで写真を送る5つの方法


スポンサーリンク

f:id:doragonflykun:20180513205338j:plain

スマホ同士で写真を送り合う時に何を利用していますか?

少し前ならメールが主だった手段でしたが、最近は送る相手によって様々な方法があります。簡単に写真を送る方法を5つ紹介します。

 

スマホで送るならこの方法がおすすめ!

  1. 『LINE』などのチャットアプリ
  2. 『Files GO』のファイル送受信機能
  3. Bluetoothで直接送受信
  4. 『Send Anywhere』で「Wi-Fi Direct モード」を利用
  5. Dropbox』などオンラインストレージで共有する
1.『LINE』などのチャットアプリ

今や電話やメール以上に連絡手段として普及した『LINE』。お互いに登録済みであれば『LINE』上で写真を送るのが最も簡単です。

f:id:doragonflykun:20180513205636j:plain

トーク画面下部にある画像のボタンをタップして送りたい写真を選択して「送信」。

 ※ただし大量の写真を送付するとトーク画面が写真で埋め尽くされるので、ご注意下さい。沢山写真を送りたい場合は別の方法をおすすめします。

2.『Files GO』のファイル送受信機能

『File GO』はGoogleが開発したスマホのファイル管理アプリです。このアプリの機能の1つにファイルの送受信機能があります。

f:id:doragonflykun:20180513210121j:plain

IDの登録などは必要なく、お互いの端末に『File GO』がインストールされていれば利用できる。

『LINE』など連絡先を交換していない相手と写真のやりとりができます。

 またデータの転送速度が早いので大量の写真をやりとりするのにも向いています。

3.Bluetoothで直接送受信

アプリなどを利用しなくても、スマホのデフォルト機能であるBluetoothを利用して写真の交換も可能です。

f:id:doragonflykun:20180513210401j:plain

アプリをインストールできない、電波がない環境で写真を交換したい時に使えます。

具体的には海外などで大容量通信が制限されている。場合や、国内でも登山などで人里離れた場所などです。

 使い方は、「設定」の「Bluetooth」からお互いの端末をペアリングしたのち、ギャラリーアプリから送信したい写真を選んでメニューから「Bluetooth」を選択して送信します。

4.『Send Anywhere』で「Wi-Fi Direct モード」を利用

Send Anywhere』は、大容量のファイルを送受信できるファイル転送アプリです。OSを問わず利用できるのでAndroidiPhone間でも写真のやり取りができるのが最大の利点です。

f:id:doragonflykun:20180513210637j:plain

お互いにアプリがインストールされていれば、会員登録も必要なく、送信側に表示される6桁のコードを受信側が入力するだけでファイルの受け渡しができます。

5.『Dropbox』などオンラインストレージで共有する

最後 は、『Dropbox』などオンラインストレージの利用する方法です。

送る写真が2桁ではなく3桁ある。など、送る写真を選ぶのも送受信するのに膨大な時間が必要という場合に活用します。

f:id:doragonflykun:20180513210827j:plain

Dropbox』の場合は、共有したいファイルの入ったフォルダを「共有」しメンバーに相手のDropboxのメールアドレスを入力すれば共有完了です。

 相手が『Dropbox』のアカウントを所有していない場合は「リンク」を作成すればOKです。

 

以上、スマホで写真を送る5つの方法です。