Android スマホ備忘録

今更聞けない!「そんな事もできるんだ」の備忘録です

Androidスマホのバックアップと復元


スポンサーリンク

 

Androidスマホに入っている、写真・動画、連絡先などのデータは、故障などで完全に失われたら戻ってきません。万一の事態や機種変更などに備えて、バックアップは必ず取得しておきたいものです。アプリを使ってSDカードやクラウドストレージにバックアップを保存し、復元するまでの手順を紹介します。

1. バックアップをどこに保存するか:クラウドストレージ or SDカード

バックアップを取るには、データの保存先を決める必要があります。インターネット上のデータ保存スペースである「クラウドストレージ」と、SDカードの2種類を紹介します。

クラウドストレージの利点・欠点
  • GoogleドライブやDropboxなどに代表される、オンライン上にデータが保管できるクラウドストレージサービスを使えば、SDカードのようなメディアは不要です。
  • スマホからネットワークを経由してバックアップデータを保存するため、SDカードに比べてファイルの転送に時間がかかります。
  • 各サービスには無料で使える容量が設定されています。しかし、バックアップのデータ量が上限を超えると保存できないため、その場合は有料プランを利用するか、SDカードを使う必要があります。
SDカードの利点・欠点

 スマートフォンに直接挿入してデータが移行できるmicroSDカードは、クラウドストレージより短時間でバックアップを保存できます。

 microSDカードは紛失や破損したらデータを戻せないため、管理には十分注意する必要があります。また、バックアップ用に新しくSDカードを購入する際は、保存するデータ量はもちろん、対応するSDカードの種類を機種の製品仕様などで確認します。

2. 専用アプリでバックアップを‥‥

Androidスマホでは、「JSバックアップ」が定番バックアップアプリの一つです。バックアップ先は、登録しているGoogleアカウントのクラウド上、またはmicroSDカードから選択可能です。

Google PlayストアからJSバックアップをインストールしてください。

 

play.google.com

 

バックアップできるデータは

  • 具体的には以下のデータが取得できます。
  • 連絡先
  • 通話履歴
  • SMS
  • MMS
  • カレンダー
  • ブックマーク
  • システム設定
  • ホームショートカット
  • アラーム
  • 辞書
  • ミュージックプレイリスト
  • アプリ
  • 写真・画像
  • 音楽
  • 動画
  • 文書

バックアップできないデータ

以下のようなデータはバックアップできないので、別途対応が必要です。

ホーム画面のアプリ配置

バックアップ前にインストールしてホーム画面に表示していたアプリのショートカットや壁紙は消えてしまうため、再度インストールして配置しなおす必要があります。

アプリ内のデータ

スマホにインストールしていたアプリ自体は復元できます。また、Android 6.0以降であればGoogleドライブにアプリ内データのバックアップを取ることができますが、1アプリ25MBまでの容量制限などがあり、なかなかアプリ内データのバックアップは容易ではありません。