Android スマホ備忘録

今更聞けない!「そんな事もできるんだ」の備忘録です

ポイントカードはアプリで管理


スポンサーリンク

 

f:id:doragonflykun:20171209103358j:plain

お財布がポイントカードでパンパンになって困っていませんか。つい作り過ぎてどんどん増えてしまうポイントカードですが、最近はスマートフォンアプリで管理することができます。ここでは、大量のポイントカードを管理できるおすすめアプリと使い方を紹介します。

 財布に入りきらないほどのポイントカード…どうすれば?

ポイントカードが増えて財布がパンパン!という経験をしたことはありませんか? お財布をスリム化させようと、ポイントカード専用のカードケースを買ってみたものの、それ自体持ち歩くのを忘れてしまって肝心なときに使えなかったり、大量のカードの中から探すのが一苦労だったり。

つい作ってしまいがちなポイントカードですが、最近はスマホで管理できるアプリが増えてきています。企業ごとのポイントカードアプリや、いろんなお店のポイントカードを登録できるアプリなどがあり、便利にスマートに管理できるのが特徴です。

ポイントカード管理アプリとは?

f:id:doragonflykun:20171209111819j:plain

ポイントカード管理アプリは「企業ごとのアプリ」と「さまざまなポイントカードを一つのアプリで管理できる」ものの2種類があります。

「企業ごとのアプリ」は

ダウンロードすると、現在のポイント残高や有効期限、ポイント履歴などが自動的に反映されるアプリです。利用するときは、お会計のときにアプリを開いて店員さんに見せると、バーコードを読み取ってくれ、ポイントが加算されます。

「様々なポイントカードを管理できるアプリ」は

様々なお店のポイントカードを一つのアプリで管理できるものです。ポイントカードのバーコードを、スマホのカメラ機能で読み取るだけで登録完了するものや、手入力でお店の名前を登録するものなどがあります。アプリを開いて店員さんに見せると、カードと同じようにアプリの中に保存したバーコードを読み取ってポイントを加算してくれます。

1、ポイントカード管理アプリ「Stocard」(無料ソフト)

【特徴】

iPhoneAndroidのどちらにも対応しています。アプリと連携しているお店であれば、登録時にバーコードをカメラにかざすだけでカード番号やお店の名前を自動的に表示してくれるので、簡単に登録できるのが特徴です。

連携していないお店でも手入力で登録できます。また、メモが書けたり、カードの両面を写真で登録することもできます。

他にも以下のような便利な機能を搭載しています。

・会員登録不要でダウンロードしたらすぐに使える

・1800種類のプリセット割引カードから選択可能

・適切な設備の整ったお店であれば、素早くスキャンして利用できる

・お店の限定クーポンやチラシを探すことも可能

Android Wearに対応

・航空券やギフトカードとして使用することもできる

【使い方 】

①アプリをダウンロードして開きます。

② 画面右上にある+マークをタップします。

③ お店の一覧表が表示されますので、登録したいお店を選びます。

④ 一覧表から選ぶとカメラが自動起動、カードの裏面のバーコードを読み取ります。

⑤これで登録完了です。

 登録したいカードが一覧表にない場合は、

①その他のカードという項目をタップします。

②バーコードを読み取る画面が表示されますので、バーコードをかざし読み取ります。

③バーコードとカード番号が表示されます。

④店の名前を入力して登録完了です。

 使用する際は

①アプリを開くと登録したお店の名前が一覧で表示されるので、お店の名前をタップします。

②バーコードが表示されますので、お店の人に読み取ってもらいます。

2、ポイントカード管理アプリ「ポイント残高」(無料アプリ)

有効期限を管理できる、iPhone用のアプリです。登録したカードポイントの有効期限が近づくとアラート機能でお知らせしてくれたり、アプリ内で期限間近の一覧表を確認することができるのが大きな特徴です。

会員登録は不要でアプリをダウンロードするとすぐに利用できます。カードの登録の際は、カード名・カードの写真・ポイント残高・有効期限を入力し、登録完了です。

他にも便利な機能がそろっており、下記のことができます。

・使用履歴の記録

・使用回数カウント

・使い切るぞ!リスト

・カード写真の登録

・ポイント残高のtwitter投稿機能

【使い方 】

①アプリをダウンロードして開きます。

② 画面右にある編集をタップします。

③画面左上にある+マークをタップします。

④カード名・メモを入力します。
画像が歪んでいて気になる場合は、四隅を指定すると自動で真っ直ぐにしてくれます。

⑤「タップしてカード画像を追加」をタップし、カメラもしくはアルバムから読み込みます。

⑥ 画面右上にある「保存」をタップして登録完了です。

⑦ カード情報を登録したら、次はポイントの残高・使用日・有効期限を入力します。

⑧ ポイントカードを使ってポイントが増えたり、減ったりしたら「最新のポイント情報を修正」で現在のポイントを入力します。

⑨ トップ画面左上のにっこりマークをタップすると、有効期限間近のカードと期限切れのカードの一覧が見れます。

企業ごとのポイントカードもアプリ化が進む

ポイントカードを発行している企業は多数ありますが、こちらも続々とアプリ化が進んでいます。アプリ自体がカード代わりになり、現在のポイントや有効期限などをアプリで確認することができます。

1. 「楽天Point Clubアプリ」

【特徴】

・現在のポイント保有数がひと目でわかる。

・ポイント獲得履歴が見れる。

・期間限定ポイントを獲得したとき、また失効する前にお知らせしてくれる機能が付いている。

・ポイントが当たる「ラッキーくじ」が毎日引ける。

2. 「ヤマダ電機 ケイタイde安心」

【特徴】

・アプリがカード代わりになる。

・現在のポイント・ポイントの有効期限・会員番号が見れる。

・お店で商品を購入後にポイントスロットができる。

・シンプルな機能で誰でも気軽に使える。

 複数のポイントカードを一つのアプリで管理するか、企業ごとに管理するか、使いやすい方をぜひ試してみてください。アプリごとに便利な機能が付いていますので、ポイントを集めるのがより楽しくなるかも‥‥‥。