Android スマホ備忘録

今更聞けない!「そんな事もできるんだ」の備忘録です

Galaxy S7 edgeのSIMフリー対応バージョンについて


スポンサーリンク

 

f:id:doragonflykun:20171121145505j:plain

格安スマホと比較するとお値段は少々張りますが・・・・「自己投資・・・?」と財布の底を探って購入しました。

 Galaxy S7 edgeの購入理由は、サムスン製品の、

  • Gear360
  • GearVR

に対応しているスマホが欲しかったからです。

Galaxy S7 edgeのSIMフリー対応バージョンを購入する前に紹介しておきたいことがあります。

Galaxy S7 edge(SIMフリー)が海外から輸入する製品であるということです。日本では販売されていないので、自然とオンラインで購入する必要があるわけです。

Galaxy S7 edgeのSIMフリーバージョンを購入する前に知っておきたい5つのことです。

その1. 充電器は海外製(海外仕様)なのです

充電器が日本のプラグに対応していないのです。多分この形は香港のもので、電源プラグの国際規格の「BF型」にあたるもの・・・・?。

日本で使えないことはないですが、使うためにはプラグ変換器が必要に、海外旅行で使える変換プラグをお持ちの方は対応できますが・・・・。

 

 Galaxy S7 edgeのSIMカードスロットには「nanoSIM」しか対応していないということです。ご存知かもしれませんが、SIMカードには様々な大きさのものがあります。

 格安スマホではMicroSIMを使用していますので、そのままGalaxy S7 edgeで同じSIMカードを使うことはできません。

1、 BIC SIMカウンターでSIMカードのサイズを変更する

BIC SIMカードのサイズ変更は30~40分ぐらい。

音声付きのSIMカードのサイズを変更したい場合

本人確認書(免許証)が必要になります。

 

2、インターネットでもBIC SIMのサイズ変更はできるようです。

 IIJ Mioにログイン
  1. サイズ変更したいSIMを選択
  2. 本人確認

という申し込みの流れは家だってできちゃいます。

>> BIC SIMカード変更のお申し込みはこちらから

 

即時発行するためには

BIC SIMカウンターで申し込む必要があるようです。、

  • SIMサイズ変更を即してもらいたい方⇒BIC SIMカウンターへ
  • サイズ変更したいけど時間かかっても我慢できる方⇒家でもいい

という感じになります。

 即時発行には1000円という手数料がかかってくるので、SIMサイズ変更を急いでない方は気長に・・・・。

 その3. 日本語の説明書は付いていない

説明書が内蔵されていましたが、残念ながら言語は、アラビア語、中国語、韓国語、英語の4パターンでしたが大丈夫です。サムスンはオンラインでGalaxy S7 edgeの説明書(日本語)が公開されてます。

 その4. カバー・フィルムはついていません。

 カバー・ケースといったGalaxy S7 edgeを落下の衝撃から守ってくれるケースが付属されていません。

 

 その5.ストレージは拡張できます

 Galaxy S7 edgeのSIMフリーは内蔵できるファイル容量の大きさが、32GB、64GBの2パターンがあります。

 Galaxy S7 edgeにおいてはそんなに容量にはこだわらなくていいでは、なぜなら、MicroSDカードを挿入してストレージを拡張できるから・・・・。

 Galaxy S7 edgeのSIMスロットは2つありますので、2枚のSIMカードを使ってもいいですが2枚目をMicroSDカードに差し替えることができるのです。

 MicroSDカードスロットに128GBのMicroSDカードをさせば、記憶容量が爆発的に伸びます。無理に64GBのGalaxy S7 edgeを購入する必要はない理由です。