Android スマホ備忘録

今更聞けない!「そんな事もできるんだ」の備忘録です

写真の撮影方法


スポンサーリンク

 

f:id:doragonflykun:20171119004201j:plain

SC-02Hには、前面と背面の両方に高性能カメラが搭載されています。フォーカス設定や連射機能、シーン撮影モードなどが利用可能なうえ、さまざまな検出機能なども使用できます。

 カメラで写真を撮る

➀ホーム画面で「カメラ」アプリを起動します。

f:id:doragonflykun:20180104135222j:plain


※ホームボタンを2回続けて押すことでも「カメラ」アプリを起動できます。

 

➁カメラが起動したら、ピントを合わせたい場所をタップすると、丸いフォーカスが表示されて、対象物にピンとが合います。

f:id:doragonflykun:20180104135341j:plain

カメラアイコンをタップするか、音量キーを押すと撮影できます。

f:id:doragonflykun:20180104135703j:plain

 

③画面上をピンチアウト・ピンチインすると、ズームの調整ができます。

 

f:id:doragonflykun:20180104135958j:plain

連射機能

手順➁でカメラアイコンをロングタッチすると、最大100枚の連写ができます。

カメラの主な設定

カメラの画面で「設定」をタップすると表示される「カメラ設定」画面では、写真のほか、動画の撮影に関するさまざまな項目を設定できます。

 

f:id:doragonflykun:20180104140945p:plain

画面を上下方向にスクロールすると、隠れている項目と同時には設定できない場合があります。「←」またはリターンアイコンをタップするとカメラの画面に戻ります。

動画サイズ(リアカメラ)

撮影する動画の画像サイズを設定します。

モーションフォト

写真を撮影する前の、短いシーンのビデオクリップを撮影します。

ラッキングAF

プレビュー画面で選択した被写体にフォーカスを合わせて追跡します。

動画手振れ補正

動画の撮影時に手ぶれを補正します。

グリッドLINE

撮影位置を決める目安になる、格子状の補助線を表示します。

位置情報タグ

写真や動画に位置情報を付加します。写真に位置情報を付加したくない場合はオフにします。

撮影方法(リアカメラ)

音声で写真や動画を撮影できるようになります。

写真を確認

撮影した写真をすぐに表示して、確認できるようになります。

クイック起動

ホームボタンを素早く2回押すとカメラを起動するようになります。

音量キー機能

音量キーを押したとき、「写真の撮影」「動画の撮影」「ズーム」のいずれの動作をするかを設定できます。

主な撮影モード

カメラの画面で「モード」をタップすると、撮影モードの一覧が表示されます。メニューをタップして撮影モードを切り替えたり、撮影モードをダウンロードして追加することもできます。リターンアイコンをタップするとカメラの画面に戻ります。

自動

標準のモード。色合いや明るさが最適になるように露光を自動調整します。

プロ

ISOの感度、露出値、ホワイトバランスなどを手動で調整するモードです。

選択フォーカス

背景をぼかして、被写体をくっきり撮影できます。

パノラマ

パノラマ写真を撮影できて、撮影の結果は動画で見ることができます。

動画コラージュ

レイアウトなど選択して、ビデオクリップを作成できます。

ライブブロードキャスト

動画の撮影してユーチューブに投稿できます。

スローモーション

スローモーション再生用に動画を撮影できます。

バーチャルショット

被写体の周囲を回り込んで撮影します。撮影した写真は、本体を傾けることで回転して表示されます。

食事

強調する領域を指定して撮影でき、料理の撮影で便利なモードです。

ハイパーラプス

さまざまなフレームレートによって、タイムラプス動画を撮影できます。