Android スマホ備忘録

今更聞けない!「そんな事もできるんだ」の備忘録です

 ソフトウェアキーボードと音声入力


スポンサーリンク

 

f:id:doragonflykun:20171118150749j:plain

SC-02Hには「galaxy 日本語キーボード」というソフトウェアキーボードが搭載されています。「テンキー」を「QWERTYキーボード」の2種類のキーボードを切り替えて利用できます。

SC-02Hのgalaxy日本語キーボードは、携帯電話で一般的なテンキーと、パソコンで一般的なQWERTYキーボードを切り替えて使用できます。各種の記号のほか、いろいろな顔文字も入力できます。

手順➁の選択画面でマイクアイコンをタップして、使用許諾やアクセスの許可などの確認画面で音声応答することにより、音声入力も利用できます。

キーボードを切り替える

➀文字入力欄をタップすると、「テンキー」が表示されますのでキーボードの歯車アイコンをロングタッチします。

➁機能アイコンが表示されますので、歯車アイコンをタップします。

③設定画面が起動します。「テンキー⇦⇨QWERTYキーボード」をタップします。

➃「QWERTYキーボード」をタップし、次の画面で「OK」をタップします。

⑤戻すには、リターンアイコンを2回タップし、入力欄をタップすると、「QWERTYキーボード」が表示されますので、「テンキー」をタップします。

メニューボタンの表示

手順➀でロングタッチしたメニューボタンには、直前に実行した機能のアイコンが表示されます。手順➁で設定画面を呼び出したので、手順⑤のメニューボタンには設定アイコン歯車アイコンが表示されます。

QWERTYキーボードで日本語を入力する

➀パソコンのローマ字入力の要領で「G→I」をタップすると、「ぎ」と入力されて変換候補が表示されます。「技術」をタップして変換を確定します。

➁文字を入力した後に「変換」をタップすると、文節ごとに変換されます。

③希望する変換結果にならないときは、←が→をタップして文節を調整します。

➃正しく変換されたら「確定」をタップすると、文節変換が確定します。

QWERTYキーボードで英数字を入力する

半角英数字を入力する

➀「あA」をタップすると、半角英数字を入力できるようになり、もう一度「あA」をタップすると、日本語入力モードに戻ります。

➁「123」をタップすると、半角英数字と半角記号を入力できるようになり、「あA」をタップすると、直前の入力モードに戻ります。

全角英数字を入力する

➀「あA」をタップして半角英数字を入力できる状態にしてから「あA」をロングタッチします。

➁「全角」をタップします。

③全角の英数字が入力できるようになります。元に戻すには、手順➁の画面で「半角」をタップします。

顔文字・記号を入力する

➀顔文字や記号を入力するには、「123」をロングタッチします。

➁「顔文字」をタップして上下左右にフリックし、目的の顔文字をタップすると、顔文字を入力できます。「戻る」かリターンアイコンをタップすると、元のキーボードに戻ります。

③記号を入力するには「記号」をタップします。

➃一覧の下に表示されたボタンを左右にフリックすると、記号の種類を変更できる。半角の記号には「半」と表示されます。入力方法は手順➁と同じです。

テンキーで入力する

テンキーでトグル入力する

➀テンキーは、一般的な携帯電話と同じ要領で入力が可能です。たとえば、「あ」を5回→「か」を1回という感じです。

➁「あA」をタップするごとに、「日本語」「英語」入力に切り替わります。「123」をタップすると、半角英数字を素早く入力できます。

テンキーでフリック入力する

➀テンキーではキーを上下左右にフリックすることで文字を入力できます。キーをタップしたまま、入力したい文字の方向へフリックします。

➁フリックした方向の文字が入力されます。

片手入力しやすくする

➀メニューボタンをロングタッチし、ファイルアイコンをタップします。操作はQWERTYキーボードでも可能です。

➁メニューが表示されるので「片手操作」をタップします。

③キーボードが右側に移動して、右手持ちで入力しやすくなります。

➃スピーカーアイコンをタップすると、キーボードが左側に移動します。キーボードを元の表示に戻すには、手順➁の画面を表示して「標準」をタップします。

覚えておきたいキーボードの操作

文字を削除する

➀入力確定後、「←・→」をタップして、削除したい文字の右にカーソルを移動します。

➁右下の「✖️」ををタップすると、文字が1文字削除されます。

キーボードの表示を消す

➀キーボードが表示された状態でリターンアイコンをタップします。

➁キーボードが消えます。入力欄をタップすると、再びキーボードが表示されます。