Android スマホ備忘録

今更聞けない!「そんな事もできるんだ」の備忘録です

Google AnalyticsをWordPressに設置


スポンサーリンク

 

初めてGoogle Analyticsにログインする場合、アカウント情報の入力から始まりますが、項目を埋めるだけなので、事務的に作業しましょう。

  Google Analyticsの管理画面 ⇒アナリティクス設定 ⇒ (プロパティ) ⇒トラッキング情報 ⇒ トラッキングコード

  

f:id:doragonflykun:20170919001940p:plain

 

表示されたコードが、あなたのホームページやブログに設置するトラッキングコードです。コピーしてコードを取得します。

 

f:id:doragonflykun:20170919002151p:plain

 

こんなコードが表示されると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
 
  ga('create', 'UA-********-*', 'auto');
  ga('send', 'pageview');
 
</script>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正直、トラッキングコードの画面に表示されたコードを貼るだけではもったいないです。たった2行足すだけで、ホームページやブログにアクセスしたひとたちの男女比、年齢層、興味や配置されている内部リンクの分析情報が得られるようになります。簡単な作業のうえ、とても便利な機能なので、絶対にやりましょう。

  Google Analyticsの管理画面 ⇒ アナリティクス設定 ⇒ (プロパティ) ⇒ プロパティ設定

 

f:id:doragonflykun:20170919004015p:plain

 

「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」を「オン」にします。「拡張リンク アトリビューションを使用する」を「オン」にします。

 

f:id:doragonflykun:20170919004231p:plain

 

先ほど取得したトラッキングコードに2行足します。下記画面が完成型のトラッキングコード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
 
  ga('create', 'UA-********-*', 'auto');
  ga('require', 'displayfeatures');
  ga('require', 'linkid', 'linkid.js');
  ga('send', 'pageview');
 
</script>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このコードをWordPressに貼り付けます。

取得したコードをWordPressに貼りつけて更新すれば完了です。

ダッシュボード(WordPressの管理画面)⇒ 外観 ⇒テーマ編集 ⇒ ヘッダー

 WordPressにログインして、テーマ編集から、ヘッダー(header.php)を選択します。

 

f:id:doragonflykun:20170919005103p:plain

 

Google Analyticsのトラッキングコードの設置場所は</head>の直前です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<?php wp_head(); ?>
<?php if(is_mobile()) { ?>
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" href="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/apple-touch-icon-precomposed.png" />
<?php } else { ?>
<?php } ?>
<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
 
  ga('create', 'UA-********-*', 'auto');
  ga('require', 'displayfeatures');
  ga('require', 'linkid', 'linkid.js');
  ga('send', 'pageview');
 
</script>
<!-- End Google Analytics -->
</head>
<body <?php body_class(); ?>>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラッキングコードを</head>の直前に貼り付けたら、最後に「ファイルを更新」をクリックしたら作業は完了です。

Google Analyticsにログインして「有効化」のボタンをクリックします

 

Google Analyticsの管理画面 ⇒ ホーム ⇒ (設置したサイトを選択) ⇒ ユーザー ⇒ ユーザーの分布 ⇒ サマリー

 

f:id:doragonflykun:20170919005739p:plain

 

「トラッキングコードを確認」をクリックします。

完了メッセージが表示されればOKです。

 

f:id:doragonflykun:20170919005933p:plain

 

Google Analyticsの設置は、簡単に説明すると実は2ステップなんです。

1.アナリティクスの管理画面でトラッキングコードのコピー

2.WordPressのテンプレートのヘッダーにある</head>の直前にトラッキングコードの貼り付ける